エヴァンゲリオン(アニメ)一気見したけど最後らへん良く分からなかった(エヴァ感想)

おはこんばんは、レビーです。

昨日、一日かけてエヴァンゲリオンのアニメのみを

Netflixで一気見してきました。

暇でごめんなさい。

エヴァ多少は知ってたんだけど

「逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、、」とか

「あんた、馬鹿?」とかのほんの少しだけ

 

「エヴァンゲリオン」のアニメは全部で26話あるんだけど

めっちゃおもしろいから

すぐに見れた。

 

面白かったんだけど

最後らへんがキツかった。

まだ見たことがないよって人はこっから先は読まない方がいいと思うんだけど

最後らへん、特に最後の2話、だから25と26話は

それぞれのキャラクターの心の中

とりわけ暗い部分をそれぞれが反省(?)とはまた違うけど

ふりかえっているというのが二話続けてずっと続く

 

それがホント見てるのがキツかった

大事だとは思うんだけどほとんど飛ばしちゃた

(全国のエヴァファンごめんなさい)

結局、人類補完計画が発動して、その中で絶望するシンジくんの

精神世界が描写されてるらしいっていうのを後から

Wikipediaに書かれているのを見て理解した

 

それ以外のところはめっちゃよかった

ところどころで静止画(そう見えるだけかもしれない)になっていて

一瞬「あれ?、一時停止触ったけ?」と思うくらいの

間をおいて会話を始めたりするのが

妙にリアルな感じがしてよかった

 

まだアニメしか見てないけど

惣流・アスカ・ラングレー元気になって欲しい

最後らへんの失速ぶりが半端なくてかわいそうだった

母親が自分と間違えて人形の世話をして

自分の事を他人と思われ続けるなんてキツすぎるだろうなと思う

てか惣流っいう名字、ほんとにあるのか?

あってもおかしくないなとおもって検索してみたら

エヴァンゲリオンの登場人物の名前って

日本戦艦からつけられた名前らしい

綾波・・戦遂艦「綾波」

惣流・・・航空母艦「蒼流」

葛城・・・航空母艦「葛城」

赤木・・・航空母艦「赤城」

他にも船に関係する言葉がつけられたキャラがいる

碇シンジくんの碇は船の錨またはアンカーとも言う

加持さんは船の舵

という風に由来があると知恵袋に書いたあった

 

いろいろと書いたけどこっからが感想

この「エヴァンゲリオン」から大切のことを学んだ

それは主人公の口癖「逃げちゃだめだ、、」ということだ

正直色んなことから逃げてきたし

ブログも書くこと思いつかんからよく逃げていきた

だが「逃げちゃだめだ」

毎日投稿から逃げちゃだめだ

どんな記事でも書きづけると言ったじゃないか

pv少なくても頑張るって言ったじゃないか

逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、

逃げちゃだめだ、

 

 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、

 

 逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、逃げちゃだめだ、

 

 

つづく

 

 

 

<