人生をよりよく過ごしたい <乗り物酔いしたなと思ったらする行動>

こんにちはレビーです。

僕はよく乗り物酔いします。

 

子供の頃は酷く、車に乗ったらほとんど

乗り物酔いしてました。

 

年齢を重ねるごとに多少治りましたが、

やはり、テレビや本、スマホなど乗り物、主に車に乗ってる時に見ていると酔いやすかったです。

 

ここでは、ずっとやってきた乗り物酔いした時に

酔いが楽になるための方法と酔いにくくなる方法を紹介します。

f:id:Rebby-hati:20190630202243j:image

 

 

 

 

外の景色を見る

酔う時は体がゆらされてる時に何かを考え理解しようとする行為が原因となります。外の景色特に自然の風景は何も考えずボーッとして見てられます。

 

 

とにかく寝る

酔う原因は視覚からの情報が主に原因となります。とにかく目をつむり、何も考えず乗り物の

心地よい揺れに身を委ねましょう。

 

 

 とりかく歌う

歌う時はたいていの人は何も考えません。

歌って、楽しくなり、ストレス発散でき、

しかも酔わない 。一石三鳥です。

 

 

 

 

しかし、意識高い僕は思いました。

車とか電車での移動時間を何もしないのはもったいない、

どうせなら本とか読んで

時間を有効活用したいと。

そこで僕が見つけた(多分)、画期的な

乗り物に酔いにくくなる方法

紹介したいと思います。

 

酔う原因としては先に書いた通り体が揺られ

ている時に何かを考えたり、理解しようとする行為によって酔います。

 

酔いにくくなるには、同じ環境を作り練習することです。

 その方法とは

家の中を本を読みながら歩き回るのです。

歩き回ることで車の揺れを表現しています。

 

僕の場合は丸机の周りをぐるぐる歩き回っています。

 

これ、意外と意外と効果あります(笑)

 

僕はもともと違う考えでこれを実行したのですが、

全然考えてなかった乗り物酔いに効果が出ました。

 

元々は、メンタリストのDaiGoさんがマシーン

を使ってその場で歩きながら本を読むのをやっており。

 

それでネットで色々探してみると

立ちながら本を読むということには様々なメリットがあり、

例えば集中力が上がり、筋トレ効果もあります。

 

ぜひ乗り物酔いしやすい方はしてみてください。

 

 

 

 

 

 

<