雑談が上手くなる 3つの方法

初対面の人と話すときやっぱり自分の印象をあげたいとは誰でも思うこと

があります。服や顔や容姿なども相手の自分に対する評価にはいりますが

その相手と話すのなら話したときの印象、つまり雑談の面白さが最も

相手の印象に残ります。

 

 

話が続かないという悩みをもつ人は多くいると思います。

初対面の人に聞くことなんて思いつかない、話すことを悩んでいる間の沈黙が怖くて

天気やニュースのことを話し始めてしまい、相手が楽しくなさそうにしていて

この場から逃げたくなる。

 

 

相手にまたこの人と話したい、気が合う人だな、話してて楽しいなと思われる

 

そのためのテクニックを紹介します

 

 

相手の言うことに共感する

相手の言っている事が自分の意見と違っていてもまず相手の言うことを

認めます。いきなり否定されると相手は気持ち良くはないです。

思い出してみると相手と自分の意見や嗜好があった時盛り上がると

いうことが良くあると思います。

雑談を楽しくするには、まず相手を楽しませます。

それができたらもう大丈夫です。勝手に自分の評価は上がっていくます。

 

 

自分ばかりが話し過ぎない

 雑談が苦手な人は沈黙が怖いから聞かれてもないのに自分ばかりが話し続けます

人はみな自分のことを知ってもらいたい、気にされたいと思っています。

話す、聞くのは交互にやる。むしろ相手に多く話してもらうくらいでいいのです。

そのためには質問をなるべくして自分が話す番か聞く番か明確にするとやりやすいです。その中で相手共通の趣味や好きなものが見つかればそこから会話を膨らまして

いけばその雑談は成功です。

 

 

落ち着いてなるべく笑顔

 笑顔で話しかけられると怪しく見えない限り印象はかなり違います。

明るく話すと相手も明るくなるし、暗く話すと相手も暗くなります。

しかし、常に笑顔は結構難しいことなので、心の中で明るい雰囲気、

明るい雰囲気と唱えるだけでも変わってくると思います。

そして普段より間をとりゆっくり話すことを心がけましょう。

テンパってしまい、知らず知らずのうちに早口になっているからです

 

 

f:id:Rebby-hati:20190505183847p:plain

 

 

以上のことを気をつければ初対面の人とでも仲良くなることができると思います

ぜひ実践してみてください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<